フリープログラマになるためには、プログラミングの技術はもちろんのこと、技術者、経営者この2つのバランスが大切。

フリープログラマになるための様々な要素を説明するサイトです

Sponsored Link

フリープログラマへの道・ご案内

現在、世の中でコンピューターに関するプログラミングを生活の生業としている方が、いったい何人いるか、全くわかりませんが、 その仕事の形態は、様々です。 

開発会社の社員として働いてる方、派遣会社に属して働いてる方、契約社員の方、 そして私のようなフリーランスの方、フリーランスの中でも常駐をメインとしている方、持ち帰り仕事をメインとしている方、 両立させている方、どんな立場であっても、それぞれのメリット・デメリットは存在します。

フリーランスに憧れる方も多いかもしれませんが、そんな楽じゃないですよ^^、確かにメリットもあります、 でも思われている以上のデメリットもたくさんあります。 実際プログラマがフリーランスでどうやって仕事を得、報酬を受け取るかなど、 これからフリーランスでのプログラマーを目指していく方に少しでも参考になればと思いサイトを作成しました。

また、これからプログラマを目指していく方のためにも有益なサイトとなるよう努力していくつもりです。

08.12.31 『来年の見通し』

今年は、ここ数年で一番忙しい年でした、それもこれも、不況という2文字のため、私だけかもしれませんが、フリーランスが忙しい時というのは、 景気が変化ている時、つまり、景気の落ちていく時と上がっている時、落ちきっても上がりきっても仕事は減ります。

なぜこんな現象になるかというと、 景気が落ちていると聞けば、人員削減を考える、でも仕事量は以前として変わらない、景気がよくなってくると、仕事量は増えるが、 まだ人員を増やす余裕はないってことで、仕事量と人員のバランスが崩れれる、その時が稼ぎ時ということになります。

来年は・・・まだ考えたくないです^^

バックナンバーはこちらから

Sponsored Link


Copyright (C) Breath.All right reserved