フリープログラマへの道

Home > コラム・バックナンバー

気の赴くままに書いたコラムのバックナンバー集です

Sponsored Link

コラム・バックナンバー

08.09.11 『プログラミング経験のないSE達』

最近、プログラミング経験の乏しいSEと仕事をすることが、何回かありました。 別にプログラミングができないとSEができないという分けではありません。 むしろ出来ない方がいいなんて言う人もいるくらいです。 

でもこのSE達に共通してる点があります、話があいまいなのです。あいまいさは、プログラミングにとって一番苦手なこと。 

そこがなかなか理解してもらえず、途方に暮れることもしばしば、そして、一番先に決めて欲しいことを先送りにしてしまい、 変更ありきで作り初めてね・・って、

お願いだから一度プログラミングしてみて! 切なる一プログラマのお願いです^^

08.06.10 『SEの噂』

私は小さな地方都市で仕事をしているので、この業界は狭く、噂は風のようにすーって広まります。 

特にSEに関しての噂はよく耳にします、外注を使ってる会社も多いのも理由のひとつだと思うのですが。

「○○さんは優秀なSEだ」とか、「SEの○○さんが会社をやめた」、「SEの○○さんは使えない・・」などなど・・・。

そんなわけで、そんなことより、自分の悪い噂が流れないように気をつけなければね^^

08.05.28 『リスクマネジメント』

フリーランスのプログラマにとって、リスクマネジメントは、絶対必要です。

なんていっても、基本的に一人で作業するわけですから、ちょっとしたことが大問題になります。

まず、最大のリスクは、作業が終わったにも係わらず、報酬が回収できないことです。 このような、状態になる原因は様々なのですが、とにかく、絶対避けたいことです、金額、期間にもよりますが、死活問題になりかねません。 

また、仕様、解釈の違い、考え方の違いによって、自分では、完璧なプログラムを作ったつもりでも、 クライアント様にとっては、満足がいかず、信用をなくしてしまうってこともあります。

08.04.05 『解析仕事』

最近、単なる偶然なのか新規ではなく、既存アプリケーションの変更、他の言語への移行などの仕事が続いてます。

そんな背景から仕様書は2〜3枚、あと既存のプログラムのソースを解析してね!って感じで渡されます。

そんな状態で見積書くって殆どギャンブルです。 また、そのソースが凄い(いろんな意味で) 読めません^^ でも作った本人目の前にして言えません。 

解析というか分析に近いです。 フリープログラマというより、フリーアナリストギャンブラーです。 

そして、予想どおりトラブル続出中です^^

08.02.16 『制御系とOA系の違い』

私は元々、制御系出身のプログラマなのですが、 最近はOA系の仕事が続いています。

制御系の仕事をするには、デバッグ時の設備や装置の問題があり、 クライアントさんの強力な協力がないと請けられないのです。

そういうことで、ここ2〜3年は殆どOA系の仕事となっています。 制御系出身の私がOA系の仕事を始めた時に戸惑った事、それは、OA系ではちゃんとした仕様書がない場合が多い、 そして最終的にもドキュメントというものが整備されない、またデバッグも制御系に比べて甘いってことです、 但しユーザーインターフェイスについての注文は厳しい。 

やはり用途の違いが生んだ違いなんでしょうか、今ではすっかり慣れてしまいました^^

08.01.20 『一月のお仕事』

フリーランスをやってますと、一月のお仕事はとても気になるものなです。 年が明けると、この仕事を続けていけるのだろうか・・・っと変な不安に襲われます。 

とにかく一本仕事が入れば、安心するのです。

去年の一月は仕事がなく、いきなり営業から始まった一年でした。 なので多少、リスクがあろうと、報酬が満足できなかろうと、一月の仕事はなんとかして手にいれたいのです。 

そして、今年の一月現在、幸か不幸か2本まとめてやってます。リスク高すぎ、死にそうです^^

07.12.08 『久々のASP.NET』

最近、ほんとに久々にASP.NETの仕事をしました。 

ASP.NETの実際のプログラミングは、C#で通常のアプリケーションを書く感覚に非常に近いので プログラマにとっては非常に使いやすいのですが、ASP.NETってどのくらい需要があるのでしょうか。

インターネット上Webアプリケーションでは、殆ど使用されているようには見えないし、 社内のシステムにおいては入力操作などのユーザーインターフェイスを考えるとサーバー・クライアント型のアプリケーションに劣ってしまう。  ASP.NETの立場はどこに・・・・・

でも、しかし、データの入力関係は通常のアプリケーションで、データの観覧、分析はASP.NETで開発するメリットはあると思います。  そのメリットとはDLLの共有、OSに依存しない、なんといってもインストール不要などです。 というこで、もうちょっとASP.NET使いこなせるようになろっと。

07.10.21 『微妙』

現在、C#2005で開発をしています、先月まではVB2005の仕事をしていたのですが、 言語の違いはしょうがないとしても、同じVS2005なのに、微妙な違いが気になります。

XML形式のコメントを書けるのは便利なのですが、VBでは右クリックで”コメント・・・”で作成するのに対して C#では関数の上に”///”と書くことになっています。 参照の方法も違うし、その動作もちょっと違う、その他もろもろ微妙な違いがあります。

なぜ変えるのか理解できない、きっと開発者が違うからのでしょう、同一人物が仕様を決めたとしたらこんな事は絶対起こりえないと思うのです。 

変えるならもっと思い切り変えてくれれば諦めもつくというのに、この微妙さはなんともいえない違和感です。

07.09.16 『まる投げ』

他の業界でも「まる投げ」なんて言葉を耳にしますが、この業界でも「まる投げ」は存在します。 この業界での「まる投げ」とはエンドユーザーが、あるシステム構築をIT企業に依頼します、 そしてその企業は仕様の検討もせずに、外注に流します。 受けた外注業者は詳細設計、納期管理など全ての業務を請負ことになります。 

別に問題はないように思えるのですが、結末としては結構揉めることが多いのです。 

中間業者は大して仕様の検討もせずに見積もり、納期を提示します。この時考えてることは仕事を取ることのみです、 そして当たり前のことですが、なるべく安い価格で外注業者に発注します。  そして、詳細設計の段階で初めていろいろな問題が明るみにでることがあるのです。 

でもまる投げされた外注業者は全責任を請け負ってしまったので、文句はいえません。 

フリープログラマである私は基本的には「まる投げ」仕事は請けません。 何かあった場合に企業では多人数を掛けてパワーで乗り切るってしまうことも可能なのですが、 フリープログラマは基本的に一人で仕事をするわけですからその方法は不可能なのです。 

この辺の微妙な仕事の請け方についてはいずれもっと詳しく記事にしていく予定です^^

07.09.01 『敏感』

フリーランスのプログラマになって、異常に敏感になったことがある。 それは、「税金」。 所得税に関しては毎年のように何かが変化している、 今年度は定率減税が廃止になるということだし、来年度からだった思うが 減価償却の限度額変わるはずだ。 市民税も去年に比べると一気に上がってる なのに、国民保険税はちょっと下がっていたりする。 

サラリーマンの頃はそんなこと何も知らなかった、知る必要もなかったしね。 私の経験からいうと、稼ぐなら思いっきり稼ぎ、そうでないなら必要最小限 に留めておくのが一番の税金対策になるような気がする。

といっても、思いっきり稼ぐにはそれ相応の仕事がなくては話にならないし、 今年は稼ぎすぎたのでっと仕事を断る勇気はない^^

07.08.16 『プログラマと喫煙所』

最近では禁煙は当たり前で、喫煙者はまるで悪魔のような扱いを受けています^^

でもプログラマはまだまだ喫煙者の割合が多いような気がします。仕事先などでタバコを吸う場合、 喫煙所などと言われる隔離施設の中で吸うことになるのですが、ここでの会話が結構面白いです、

隔離されているという安心感からか、いろいろな業者さんたちの本音や、決して上司の前では内密な濃密な話を聞かせてくれます。 

横で喫煙している他のグループの話も気になります。 耳ダンボになってしまいます。 

このように喫煙所での情報収集は役に立ちますので、暫くは我慢して喫煙していくつもりです^^ 

そういえば喫煙所にたまに張ってある肺がんのポスターお願いだからやめてくれ〜。

07.08.02  『プログラマとマウス』

プログラマにとってお気に入りのマウスってありますよね。 私は結構気になります、大きさ、感触、動きなど、一度気に入ると変えたくありません。

ですが、最近使っていたマウスが壊れ(たぶん根元での断線)買い替えました、 ほんとはシンプルな方が好きなのですが、たまにはってことで、 レーザーで、ワイアレスでボタンもたくさん付いている Logicool MX610にしてみました。

最初は重いし、なんとなく動作に違和感があったのであまり使わずにいたのですが、使い慣れていくうちに 一番のお気に入りなってしまいました。

考えてみるとマウスが壊れるとしたらほとんどが断線だと思うので、ワイヤレスってお徳かもしれません。 ま! 電池代はかかりますけどね^^

07.07.20  『文章と図』

プログラマは渡された仕様書に従ってプログラミングするわけですが、 最近、その仕様書での図や表の占める割合が多くなり、反対に文章による説明が減ってきてるように思うことがあります。

私がこの業界に入った当時は圧倒的に文章による説明が多く、補足的に図が添付されていました。 これは、図の作成が容易になったことや、なるべくビジュアル的に表現する志向のためだと思うのですが。 このような仕様書を頂き、いざプログラミングしようとすると、矛盾点が多数浮かび上がってくることがあります。 プログラミングとは、ある意味翻訳作業です、文章的に矛盾があれば、プログラミング時にも必ず矛盾が生じます。

仕様書を作成する場合、図をたくさん添付することも大切なことですが、 一度、頭の中で文章化してみてください、気が付かなかった問題点が見つかるかもしれませんよ。

07.07.09  『VisualBasic2005』

今年はVisualBasic2005+SQLServerという組み合わせの仕事が続いています。

個人的には、C#の方が好きなのですが^^ なぜVB2005なのか、答えはシンプルです、 まずはVB経験者が非常に多いこと、技術者がたくさんいるということは、 人材の確保が容易でしかも単価を下げる事ができるということになります。 そして、VBといえども、VB6.0とは違い完全なオブジェクト指向プログラミングが可能であるわけで、 SEの立場の人からみてもスキルダウンにはならないのです。

このあいまいな言語「VisualBasic2005」暫く現場では活躍しそうです。

07.06.16 『初めての仕事』

営業でなんとか仕事を頂く事となり、作業を開始します。

その会社での初めての仕事、とっても大切です、仕事を依頼する方も様子をみています。 実際どのくらいの実力をもっているのか、真面目に仕事をしてくれるのだろうか たぶんとても、不安なんだと思います。 もちろんプログラマである私の方も不安です。 ちゃんと報酬は頂けるのだろうか、納期に間に合わせる事ができるのだろうか、などなど・・ とにかく、最初の仕事さえ乗り切れば、お互いに信頼関係を築く事ができるわけですから、 いつも以上に気を使いながらの仕事となるわけです。 

また、その会社のコーディングルールやライブラリィの使用方法にも慣れなくてはなりません。 大きなプロジェクトの一部のジョブであればそのルールはより厳密になります。 とりあえず自分の考えは置いておいて、そのルールを理解し忠実にコーディングする事が大切です。 とにかく、初めての仕事を何事もなく乗り切ることができれば、次ぎの仕事へと繋がっていくわけです。

07.06.03 『派遣? 常駐?』

営業でソフトウエア関連の会社を回っていますと、いろんな話を聞くとができます。 派遣業務の法律が変わり、簡単には人を派遣できないようになりました。 簡単にいいますと、私のようなフリーの人間を派遣できないということですね、

そこで、常駐という形態になるわけですが、いったい派遣と常駐は何が違うのか、 よくわかりません。 仕事をする側からすると何も変わらないような気がします。 私は、請負、持ち帰りができる仕事をメインとしています。  でもこれは営業する上では非常に不利な条件です、

短期の常駐と持ち帰り仕事をうまく組み合わせていくのがベスト形態なのかもしれません。

07.05.22 『コミュニケーション能力』

ネットの掲示板などでプログラマの方が「人間関係が苦手なので在宅(フリー)で仕事をしたい・・・どうすれば」 という質問を見かけます。  

フリーランスになると人間関係で苦労しなくなると期待しているのだと思うのですが 、実はそんなことはありません。 フリーランスなれば、確かに一人で在宅で仕事をします。でもフリープログラマ ってことは、営業、打ち合わせ、納品、すべて一人で行う事になります、 それに、いい事ばかりではありません、納期の延長のお願いしたり、 重大なバグが発生すれば、全て自分の責任としてお詫びをしなくてはなりません。  言い方は悪いですが、担当者の方に嫌われてしまったら 、もう仕事を頂けないかもしれません。 それがメインの取引先であれば、死活問題です。 

フリーランスにとって、いろいろな意味でのコミュニケーション能力は絶対必要なのです。 もし人間関係の煩わしさが理由でフリーランス(在宅)考えているのであれば、もう一度よく検討してみて下さい。

07.05.10 『資格』

名刺一枚で営業しなくてはならないフリープログラマ。 もちろん業務履歴書は必須のアイテムですが、やっぱり名刺に資格のロゴがあれば、 何も語らずともある程度のスキルは認めてもらえるでしょう。

資格を持っているから能力が高いわけではなく、持っていないから仕事ができないわけではありません。 でも、特にフリーランスにとっては資格は取得するべきなのかもしれないと思うこの頃です。

しかしです、中途半端な資格では、かえって逆効果になる可能性も考えられるので、 かなり高度な資格は必要でしょうね、となれば相当な費用と時間が掛かることは必死。 どうでしょう。 時間はともかくとして、会社組織に属していないフリーランスには、援助もなければ 取得すれば確実に頂ける報奨金もなし、もうちょっと考えてみます^^。

07.04.02 『Ajax』

最近ちまたでは『Ajax』という言葉よく耳にします。

実は『Ajax』自体は世にでて2年ほど経つということです。

サイトをふらふらしていると、明らかにAjaxで書かれた ユーザーインターフェイスが多くなっていることに気づきます。

『Ajax』しっかり浸透していってるようです。

『Ajax』とは簡単に言ってしまうと、JavaScriptでサーバと通信して、 現在のページの内容を書き換えるという仕組みです。

なので、決して特別新しい技術ではないのですが、 Webアプリの最大の問題点である、何かをするたびにページのリロードをしなくては ならないうことが解決できます。

単純なことですが、ユーザーから見た場合とても自然な動作となるのです。

07.03.24 『立場』

会社などの組織から独立した瞬間から、 フリーランスの立場というのは、最下位となります。

組織の中では役職、先輩、後輩などの関係があり、上下関係が存在していたと思うのですが、 フリーランスになった瞬間、仕事上での人間関係は全てお客様ということになります。

もと在職していた会社から仕事を頂く場合、以前は部下であった人から仕事を依頼されることもあるでしょう。 もちろん、立場は逆転しています。 やっぱり、「○○君」から「○○さん」と呼び方も変えるべきでしょう。 そして人を雇うことでもない限り、最下位という立場は変わる事はありません^^

でも最下位という立場がはっきりしているというのも、すっきりしていて気持ちもいいものです^^

07.03.18 『個人事業主は厳しい』

フリーランスである私は、社会的には個人事業主ということになります。 いってみれば、八百屋さんや魚屋さんと同じ立場にいるわけです。

私が育った東京の下町には、商店街がいくつもあり活気がありました、 でも現在は、大手スーパーの乱立で商店街は壊滅状態。

職種は全く違っても、置かれてる立場は同じ、厳しいです。

目の前の仕事をこなしているだけでは、いつかかならず行き詰る時がくると思います。

個人事業主として生き残っていくのには、何が必要なのか、 必死に考えていきたいと思います。 

07.03.10 『再確認』

最近、週に何日か通いの仕事してます。

朝9時から出社なんて、何年ぶりでしょう、最初はもの珍しさもあって 結構、面白かったのですが、だんだん憂鬱な気分になってきました^^

やっぱり自分には向いてないな〜って再確認。

ずっとフリーランスやってますと、サラリーマンの方が羨ましく思えたりしてきます。 特にこの時期(申告時期)は、そう思うのです。

ということで、たまには再確認も必要ってことで、

意味のある仕事になりました。^^

07.03.03 『確定申告終了』

確定申告終わりました^^

毎年の事ですが、また改正点がいくつかありました。

定率減税が20%(最大25万円)から10%(最大12万5000円)になりました。 そして来年度には廃止になるそうです。 これは、税額に直接かかる項目なので、痛いです。

現在、私は青色申告で現金主義の簡易簿記といわれる方法とっていましたので、控除額は10万ですが、 正式な複式簿記の場合65万の控除を受けることができます。  細かい節税を考えるより、意を決して複式簿記に挑戦するべきかなっと考えています。

(所得税・確定申告のページで45万円の控除と書いていましたが この制度は改正され現在の控除額65万円か10万円のいすれかということになっています。訂正いたしました。)

07.02.19 『確定申告』

毎年のことですが、フリーランスにとって試練の時がやってきました^^

そう、「確定申告」です。

これも仕事の一部ではあるわけなのですが、仕事のなかで唯一お金を払うための作業です。

儲かっていれば、税金の心配をしなくてはならないし、儲かっていなければ、その現実 を突きつけられる作業なので、どっちにしても、気が重い時期です。

なので、さっさと終わらせてすっきりしたいのですが、なかなか手をつける気にならないのです^^

07.02.11 『母国語』

プログラマにとって、何個の言語に精通しているかって とても重要なこと、会社組織に属していればその会社で使用する 言語に精通していればいいのですが、フリーランスにとっては できるだけ多くの言語に精通していなくてはなりません、

営業するとつくづくその事を感じます。

でもひとつこの言語だけは絶対だれにも負けないという言語を もつことも重要です、

母国語とでもいいましょうか、その言語を もとに他の言語を勉強すれば効率的に学ぶことができます。

07.02.05 『Vista』

さて「Windows-Vista」がリリースされましたね。

この業界で仕事をしていると、新しいOSの登場はちょっとした恐怖です^^ まだ、暫くはWindows-XPも購入できるはずなので、問題ないのですが、

そのうちに「あのアプリケーション、ビスタでも大丈夫ですか?」っと 問い合わせがくることでしょう。

「たぶん、うごくとは思うのですが・・・・」って答えることにしよう^^

わたしが製作したアプリケーションが、今でもWindows-95、Windows-98、Windows-NT4、などで 現役として稼動しているところもあります。 もう新規購入はできないので壊れたらおしまいですけど^^

それと、やっぱり、もうちょっと落ち着いたら「Windows-Vista」用のパソコンを購入しなくてはならないでしょうね。 それと同時にXPの環境も残さなくてならないし、 ということで、パソコンがまた増えるわけです。 

どんどん増えるパソコンいったい何台あるのか、数えたくもありません^^

Sponsored Link


Copyright (C) Breath.All right reserved