フリープログラマとは、技術者と経営者の2つの役割をこなさなくてはなりません、以外にもそこにメリットがあるのです。

フリープログラマとは技術者であり経営者でもあります。

Sponsored Link

フリープログラマとは

フリープログラマ、又はフリーエンジニア、最近ではインディペンデント・コントラクターなんて呼ばれている職業です。

要は会社組織ではなく、個人でプログラムの仕事を請け負い、 打ち合わせ、見積もり、プログラミング、デバッグ、納品、請求などの仕事を一人で行なう仕事です。

但しのその仕事形態は、派遣仕事、一括請負仕事、コンサルタント業務などほんとに様々なようです。  フリープログラマと書いていますが、実際、小規模、中規模システムを構築する場合はシステムエンジニアでもあるわけです。

フリーになる経路を考えてみると、最初は会社組織に属し何年か業務を経験した後、顧客を獲得し独立というパターンが 最も多いようです。

「顧客の獲得」と書きましたが、会社に属しながら、なぜ顧客が獲得できるのかと思われる方もいらっしゃると思いますが、 小規模の仕事の場合一人で担当することが多くクライアントとの信頼関係が生まれます、そしてクライアントは会社にでは なく個人に対して信頼感を持ち、仕事を依頼することになります。

なので、契約上の問題がなければ、たとえ私がフリーになったとしても、仕事の依頼は私にくるのです。 但し、フリーになった場合は技術上の信頼プラス経営者としての信頼も必要になってきますが、 このような顧客は貴方がフリーになることを支え応援してくれることでしょう。

また、このような顧客がいなければ、安定したした収入を捨ててフリーへとは、なかなか踏ん切ることができないでしょう。 ここでは、フリープログラマのメリット・デメリット、そして独立に必要な心構えなどを書いてみます。

Sponsored Link


Copyright (C) Breath.All right reserved