フリープログラマに未来はあるのか、この現在の会社組織の中でフリープログラマが生き残っていく道とは

フリープログラマへの道

Home > フリープログラマとは > 未来はあるのか?

フリープログラマに未来はあるのでしょうか、生き残る道は派遣との差別化が必要

Sponsored Link

フリープログラマの未来

未来はあるのか?

フリープログラマに未来はあるのでしょうか、

最近、景気の回復に伴い各企業のホームページには、必ずと言っていいほど採用情報のページが 出るようになりました。 このことは、何を意味しているのでしょう。

ただ単に景気の回復がしたから、社員を雇い、外注を減らそうとしているのでしょうか。 私が思うに、人を募集しているいうより、スキルを募集してるように思えます。

人の募集とスキルの募集何が違うかというと、簡単に言ってしまうと、経験者募集、それも特別なスキルを 持っている人を募集しているように思います。

まだまだ、未経験件者を雇い、1から教育し一人前のエンジニアに育てるっといった余裕はない状況なのだと思います。

フリーであることの利点

まだまだフリープログラマの働く余地は残っているいるように思います。  もちろん特別なスキルがあることは、仕事をする上でとても有利に働きます。  しかし、狭く深くのスキルだけで、やっていける職業でもないのです、 「狭く深く+広く浅く」がベストだと思います。

フリープログラマが他の正社員プログラマよりひとつ有利な点があります。 人によって違いはあるのですが、一年中仕事があり続けるってことはまずありません。

つまり、フリーなが時間があるのです。 その時間に自分の勉強ができるのです、 新しい言語を試したり、最新のプログラム技術についての勉強したりできるのです。

正社員であれば、常に仕事があり、その会社で制作している言語、技術にはとても精通できるのですが、 自分の仕事をこなすだけで、視野がせまくなり、他の言語、プログラム技術の勉強などとてもできる状況ではありません。

気が付くと時代遅れなプログラマになってる可能性だってあるのです。

企業から見たフリープログラマ

それでは、今度は開発会社の視点から考えて見ましょう。
仕事が溢れた時どうするか、いくつかの解決索があると思います。

  • 急いでスキルを持った社員を募集する
  •    

    これは、まず募集広告費用が掛かります、それに同じプログラムの仕事と言っても 専門の知識が必要な場合があり、あまり現実的ではありません

  • 派遣会社に人を要請する
  •    

    これは費用、時間の面では有効な手段です、実際この方法が最も多く採用されているのではないでしょうか。
    しかし、実際に派遣されてみないと、プログラマの実力、信用度は分からないということはあります

  • 社員を徹夜でもさせてなんとか乗り切る
  •    

    経営者からみればこれが一番簡単な解決索であることは間違いないです、ただこれを繰り返していると 大事な社員を失うことになるかもしれません。

  • フリーのプログラマに依頼する
  •    

    さて、募集広告も必要なく、直ぐに明日からでも仕事ができるフリープログラマがいたら どうでしょう、プログラムの知識だけではなく、作成するプログラムの用途にも精通しているプログラマがいたとしたら 企業にとっては、とても心強いと思いませんか。
    ただ条件があります、以前に何度か仕事をし、人間的にも、仕事的にも信用ができるプログラマでなくてはいけません。

企業がフリーのプログラマを何人か確保し仕事に使っているといった状況は、かなり以前からありました。 まだ派遣という職業がこんなに広まる前の頃からです。

フリープログラマにとって一番のライバルはやっぱり派遣会社ということになります。 なので、派遣社員との差別化を計っていくことが重要になっていくことでしょう。

たぶん、それはクライアントとの一対一の信頼関係ではないでしょうか。

Sponsored Link


Copyright (C) Breath.All right reserved