フリープログラマの収入ってどのくらい。 在りそうでないプログラミング仕事の相場

Home > フリープログラマとは > フリープログラマと収入

独立するにあたって、とりあえず一番気になる収入、その相場は?

Sponsored Link

フリープログラマと収入

収入について

プログラマが独立してフリーランスになろうと考えた時、一番気になることが、収入だと思います。 

私も独立当初いったい、どのぐらいの年収になるのか全く想像も付きませんでした。  現在、私の周りのフリーランスの方や、取引先で他のフリープログラマさんの年収を耳にすることはあるのですが、 ピンからキリで、なんとも言えません^^ 年収300万の方から1000万円以上の方まで、ほんとに様々です。 

フリープログラマといってもアルバイトなどを雇い、多角的にビジネスをしてる方もいますし、 1人でのんびりと無理なくこなせる仕事をしている方もいらっしゃいます。 

なのでフリーランスになったらいくら稼げるのという質問には、答えられません^^ 

あえて言えば、たくさん仕事したらたくさん収入ありますよってぐらいです。

見積もり提出型

クライアント様より、簡単な仕様書が示されて、これで見積もってという形態です。

見積もりは、単価×予測時間で算出するのですが、この単価が曲者です、 とりあえずフリーランスになった時点で自分の単価を決めておきましょう。 

それまで勤めていた会社での単価(レイト)が基準になると思いますが、多少低めの設定にしておきます。  クライアント様から指示がない限りは、自分の設定した単価で見積もりを作成します、

しかし企業では外注単価は予め決まっていることが多いので、その場合は時間を調整して見積もりを作成します。

さて実際の単価ですが、私の経験で言ってしまうと、大雑把ですが2500円から4500円くらいが相場ではないでしょうか、 業務内容、地域によってばらつきます。もちろん地方よりは大都市の方が高くなり、プログラミングのみより、システム構築も含んでいる方が高くなります。

でもこの形態は自分である程度、金額が決めることができ、また得意分野であれば、 予測した時間を短縮することもできるので、収入を増やすには一番よい形態です。

しかしです!。 予測できなかった問題が発生したり、納入後のメンテナンスなどを考えておかないと、大幅に予測時間を超えてしまうことになります。 一度提出した見積もりは変更することは難しく、報酬を操作できることはメリットなのですが、常にリスクを含んでいる形態です。

時間給型

この形態は、仕様が全く不明確であったり、仕様決めから参加する場合などに用いられます。 要するに見積もり不可能な場合ですね、この形態は単価さえ納得できれば、 フリーランスにとってはリスクも少なく安定した収入を得ることができます。

実際の手順としては、詳細な日報を作成し月末(閉め日)に集計し、請求書と日報を提出するということになります。

見積もりせずに仕事を初めてしまうわけですが、結局、最終的に仕事の成果と報酬のバランスが取れていなければ成立しない形態です。 依頼先との信頼関係が非常に重要となる報酬形態であるといえます。

報酬提示型

この形態は、仕様書と同時に、予定工数と報酬が提示されます。 

大きなプロジェクトを小さなジョブに分けて、複数のプログラマに仕事を依頼する場合などに用いられる形態です。 外部の複数のプログラマ相手にするわけですから、いちいち見積もりの手順など行っているわけにはいかないのです。 

仕様書とともに報酬額も提示されてしまうこの形態のメリットは、細かい事を考えずに済むということでしょうか、見積もりの煩わしさもなく、 時間も気にすることなく、ひたすらプログラミングに打ち込めます。 

デメリットは予定工数を大幅にオーバーした場合です。 基本的には提示された報酬を承諾して仕事を請け負ったわけですから、オーバーしてもその分の報酬は要求することはできません。 

時間を気にする必要がないと言いましたが、この形態においてもジョブ単位でできるだけ詳細な日報をつけておきましょう、 そもそも日報がなければ、工数オーバーも気が付かないわけですからね、そして納品とともに実績工数として添付しましょう。 

担当者の方が実績工数とプログラムから、予定工数の見直しを考えて頂けるかもしれませんし、次回のジョブで多少でも援助して頂けるかもしれません。

Sponsored Link


Copyright (C) Breath.All right reserved