仕事をうけるにあたって仕様と同じくらい大切な条件、納期と予算、フリーランスにとっては他人事では済みません

フリープログラマへの道

フリープログラマは一人仕事ですだから守れる納期は限度があります。

Sponsored Link

納期と予算

予算

予算というと仕事を受ける側からすると、ちょっと変な言い方かもしれません、

私たちからすると見積もりということになります。

でも仕事を依頼する側にも、その仕事に対して支払える予算というものが事前に決まっていることが殆どです。

なので私達から見てもその予算を知ることや予想することは重要です。

私の場合信頼関係があるクライアントさんと仕事をする場合 見積もりをする前に、だいたいの予算を聞いてしまいます。

その方が仕事がうまくいくからです。

見積もりを提出し、「もうちょっと安くならない?」

「じゃ、もうちょっと考えさせてください」

なんてやりとりを何回もしなくて済むからです。

納期

次ぎに納期ですが、やっぱりこれが一番気になります。

個人でプログラミングをする場合、どんなにスキルがあり、その仕事をやる能力があったとしても 、解決できないことが1つだけあります、それは納期です。

会社組織であれば、納期が短ければ何人か投入したり、一部を外注に頼むことができます。

個人の場合、よっぽど信頼のできる外注先を知っていなければ諦めるしかないのです。

なので仕事量と納期を考え、無理をして納期に遅れ信用を失くすよりは、 あっさり諦めたほうがいいという場合もあります。

駆け引き

納期が完全に決まっている場合はし方ありませんが、 納期はできる限り伸ばしてもらいます。

なぜなら、一人で仕事をしている場合、 ある仕事をしている最中に別のクライアントさんから仕事の依頼があった時、 どちらもギリギリの納期であれば、断らざるえません。

仕事を断ることは、何の理由があるにせよマイナスのイメージを作ってしまいます、 なので、納期を延ばす交渉はとっても重要です。

できれば金額と納期を合わせて交渉し、最後には納期を延ばす方向でまとめることができれば 一番いい方向であるでしょう。

ようするに仕事を断ってしまうことを考えると、多少の金額の低下は受け入れるべきだと考えたを方がいいでしょう。

Sponsored Link


Copyright (C) Breath.All right reserved