経営者にとっては大切なこと、まずは仕事の確保です、仕事がなければ話になりません、では仕事を得る方法とは

フリープログラマへの道

Home > 経営者になるには > 仕事を得る方法

フリーランスとして生き残るためには仕事の確保が絶対条件

Sponsored Link

仕事を得る方法

まずは元勤めていた会社からの仕事を確保

まずは、元勤めていた会社からの仕事を確保しましょう。

そのためには、円満退社が必要不可欠、できるだけ円満退社しましょう^^

円満退社の秘訣としては、退社、独立することをできるだけ早く上司に伝え、 退社の時期や、独立後に仕事を受けるときの条件などを話しあいましょう。

会社にとっても、貴方を失う事が痛手になると思います、そこで、会社にとっても 貴方にとっても、メリットになる請負条件を模索しましょう。

この時ちょっと問題になることがあります。

貴方が会社に勤めていた時のクライアントの扱いです。  私の場合、そのクライアントについては、必ず元勤めていた会社を通すこと、 このときの報酬のパーセンテージを会社に支払うことと決めました。

こうすることで、会社としては、クライアントの信用を失う事も無く ある程度の報酬を受け取ることもでき、私にとっては、確実な仕事を確保することできる。

といった両者のメリットが生まれました。

とにかく元勤めていた会社からの仕事を確保することが独立の最初の一歩だと思います。

独自のクライアントの獲得

これは、とても難しいことです。 行き当たりばったりに会社を訪問して、

「フリープログラーしてます、何か仕事いただけませんか?」

などといっても仕事をもらえる訳がありません。

考えてみてください、貴方の会社にそんな人がきたら「はい、どうぞ」って仕事を渡しますか?

独自クライアントの獲得の方法として、最も確実な方法は現在仕事を受けているクライアントさんに他社を紹介してもらうことです。

そのためには、仕事を頂いているクライアントさんの信用得ることです。

要はいい仕事をすれば、クライアントさんは自然に増えてくるということです、あまり焦らないようにしましょう。

フリーランスの和を利用する

現在、日本においても、たくさんのフリープログラマの方がいらっしゃいます。

そして、共通の悩みがあります。

一人で仕事をしていると、どうしても暇な時と、仕事が一機に入ってきてこなせなくなる時期があるということです。 そのため、仕事を請け負ってくれる人を探している場合が多いのです。

ですから、独立したら積極的にフリープログラマの人達と連絡を取ってみてください。

その時は仕事はなくても、いつか連絡があるかもしれませんからね。

このとき、自分にはどんなスキルがあり、どんな分野の仕事をしてきたかをちゃんと伝えておきましょう そのためには、履歴書とともに、職務経歴書を作成しておきましょう。

Sponsored Link


Copyright (C) Breath.All right reserved