実際のプログラミングについて書いていきます。 多言語化する業界、その中でフリーであるプログラマの選択する道とは

フリープログラマへの道

プログラミングを学習するということは、言語を学習することではありません。

Sponsored Link

プログラミング

さてここでは実際のプログラミングについて書いていきます。

実際のプログラミングといってもここでは、特定のプログラミング言語の入門講座なような ことを書くつもりはありません。 

それは、たくさんの書籍や、丁寧に解説されているサイトにお任せすることにして、 もうちょっと上の視点からみたプログラミングついて書いてみたいと思います。

プログラミングって、視点を変えてみると翻訳の作業に似ているとおもいませんか、 渡された仕様書をコンピュータが理解できる言語に変換するといったことです。

この翻訳という視点からみると、2つのことが見えてきます。

ひとつは、翻訳をするからには、その元になる文書を理解しなくてはならないということ、 以外かもしれませんが、仕様つまり、これから作成するアプリケーションが何をするのか ということを誰よりも理解する必要があるのです。

そんなことは当たり前だといわれそうですが、フリーランスの場合、ある時はお花屋さんの 仕入、売上のプログラム、ある時はある工場の試験システムのプログラム、またある時は 印刷機械のシーケンサー相手のプログラムといった具合に、さまざまな環境で仕事をします。 言語がどうのこうのと言う前に仕様を理解することの方が大切なのです。

さてもうひとつ、翻訳というからには、翻訳する言語が重要な要素となります、

ここは日本なので日本語さえ理解していれば、翻訳の仕事は可能かもしれません。  でもこの業界では言語は今や星の数(←大げさです^^)ほどあるのです。

どの言語に翻訳できるのかといったことが、フリーランスのまず第一のスキルとなります。

当たり前のことですが、沢山のプログラミング言語に翻訳できるほうが、仕事の範囲も広がり 安定した収入に繋がるわけです。

Sponsored Link


Copyright (C) Breath.All right reserved