フリープログラマにとって資格を取得をすることの意味とは、また超えなくてはいけない壁とは

フリープログラマへの道

Home > 資格の取得 > フリープログラマとっての資格

フリープログラマにとって資格を取得する意味とは、また超えなくてはいけない壁とは

Sponsored Link

フリープログラマとっての資格

資格の種類

エンジニアのための資格と一言でいっても、分野や発行元の違いなど多種多様です。

発行元の違いから考えてみると、国家試験、ベンダー系、非ベンダー系(民間)の3種に大別することができます。 

例えば、マイクロソフトが発行している「MCP(Microsoft Certified Professional)」資格や サン・マイクロシステムズ「Java認定資格」などがベンダー資格の代表的なものです。

ベンダー資格は製品毎の知識や技術が認定されるわけですから、即戦力wをアピールをできることがメリットですが、 対象実務とマッチしなかったり、製品がヴァージョンアップされたりした場合に、資格の意味が薄れることがデメリットでしょう。 

現在日本でIT技術者のための国家資格といえば「情報処理技術者試験」ということになります。  特定のプログラム言語や、特定のデータベースの知識ではなく、IT関連技術一般の幅広い知識を持っていることをを認定されます。  この資格のメリットはなんといっても唯一の国家試験であるということです。  デメリットは実際の業務を反映していない資格であるといわれています。 但し、最近ではこのような問題点は見直されつつあり、言語の選択問題ではJAVA言語も含まれるようになりました。 

資格の分野も様々です、プログラマなのだからプログラミングに関する資格さえあればいいのではないかと思われがちですが、 プログラマである以上プログラミングはできて当たり前なわけでプラスαという意味で考えれば、 ネットワークやデータベース、システムアーキテクトの資格を取得することはとても有益であるといえます。

資格取得の2つの壁

さていざ資格を取得しようと考えた時、2つの壁に気づくでしょう。

そのひとつは、日常業務から得たの知識だけでは、試験に合格するは難しいため、 試験勉強の時間を確保しなくてはならないということです。もうひとつの壁は費用です。 

段階的に取得していかなければならない資格が多くその総額はかなりの金額になってしまいます。  会社組織に属していてその会社が資格の取得を推奨しているのであれば、 受験費用の援助、そして報奨金などの制度があれば合格すれば、報奨金がもらえるわけですから、 費用の問題はないでしょう、但し日常業務に加え試験勉強となるわけですから、時間の確保が難しいでしょう。 

さてフリープログラマにとっては、一年中忙しいわけではないですから、時間の確保は問題ないでしょう、 逆に一年中忙しくて時間が確保できないくらい仕事があるのであれば、資格のことは最初から考えなくていいでしょう^^。  問題は資金です、もちろん何処からも援助はなく、取得した資格により仕事を得られる保証などあるわけがありません。  したがって先行投資ということになります。 確かに回収の見込みがはっきりしない投資は負担かもしれませんね。 

したがってフリープログラマにとって資格取得に関する判断をする場合、 先行投資となる費用と資格による利益効果の関係を予測しておかなければならないでしょう。

Sponsored Link


Copyright (C) Breath.All right reserved