フリープログラマへの道

Home > 資格の取得 > Java認定資格

「Java認定資格」はJAVA言語に特化した資格であり、取得していれば即戦力として認められます。

Sponsored Link

Java認定資格

JAVA言語について

JAVA言語は現在最も広い範囲で使用されているプログラミング言語であるといえます。

ここ何年かJAVAプログラマが不足しているということが言われてきました、 実際はプログラマがそのものが不足しているというよりも、優秀なJAVAプログラマの不足といったほうが確かかもしれません。  JAVA言語の優れている点は、完全なるオブジェクト指向型言語である、VM上で動作するために、 OSに依存しない、完全なるフリーウエアである、などが上げられます。

しかし、JAVA言語にデメリットがないわけではありません、 ウインドウズアプリケーションのフォームを作成する場合に、 VisualBasicのようにコントロールオブジェクトをマウス操作で配置する機能を持つGUIはまだありません、 VMのヴァージョンアップによる動作の不具合などもあります。 

まだ完全なプログラミング言語とはいえないかもしれませんが、将来性は他の言語に比べ圧倒的に高いといえます。

JAVA言語の資格

JAVA言語の資格は、JAVA言語を作成し世に広めたサン・マイクロシステムズ鰍ェ発行している「JAVA認定資格」が最も有名で有効な資格です。 もちろんサンのベンダー資格ではあるのですが世界で通用する資格です。

その資格の種類は能力、分野で細かく分かれていて、自分の目指す分野の自分の能力に合った資格を選択することができます。


以下に簡単ではありますが、各資格の概要を述べます。

SJC-A(Sun認定 Java アソシエイツ)

「JAVA認定資格」の中でも最も難易度が低く、JAVAプログラミングの基礎知識を持つことの認定資格といえるでしょう。  これからJAVAプログラマを目指す方や、JAVA関連ビジネスに携わる方にとっては最適な資格です。

SJC-P(Sun認定 Java プログラマ)

SJC-Aよりひとつ上位の資格と言えます、対象者は中級以上のプログラマであり、 他の言語でのプログラミング経験は充分にあり、さらにJAVAプログラミングを学習したいといった方です。 

この試験には前提条件はありません、フリープログラマが資格をひとつの営業の武器としたいのであれば、まずはこの資格を取得しましょう。

SJC-D(Sun認定 Java ディベロッパ)

JAVAプログラマにとっての最終関門といわれる資格です。 SJC-Pよりさらに難易度が増し、 その試験方法もそれまでの多肢選択式から実際の課題に対するプログラミングとそれに関する小論文となっています。 

対象者としてはJAVAプログラミングでの実務経験をある程度積み更に技術の向上を目指している方です。  課題のプログラミングは、試験会場ではなくメールで送られてきた課題を自宅で作成するという形式です、 その期限は一年間となっていますが、通常の実務を行いながら、課題をこなすわけですから、決して長すぎる期間ではないでしょう。 

難易度も高いうえ、多くの時間を必用とする試験ですから、その稀少性も高く、フリープログラマが取得する資格としては最適でしょう。

SJC-WC(Sun認定 Web コンポーネントディベロッパ)

SJC-WC資格はJAVAプログラミングそのものではなく、 サーブレット、JSPなどのサーバーサイドのプログラミングに必用な基礎知識を認定する資格です。 

とはいってもSJC-Pの取得が前提条件となっていますので、SJC-Pの上位資格といえます。  サーバーサイドでのプログラミングを専門的に目指すのであれば、有益な資格でしょう。

SJC-BC(Sun認定ビジネスコンポーネントディベロッパ)

この資格もSJC-WCと同様にサーバーサイドでの専門的知識を認定する資格です。但し、 サーバーサイドでのプログラミング技術ではなく、J2EEをベースとしたステム構築の知識を問われます。

そのため、プログラマというよりは、上流プログラマ、システムエンジニアのための資格といえます。  SJC-Pの取得が前提条件となっています。

SJC-WS(Sun認定 Java Web サービスディベロッパ)

このSJC-WSはWebサービスアプリケーションを開発するための知識を認定する資格です。 しかし現在のところ例題や参考書籍なども皆無であり、情報が極端に少ない資格です。 

ただ、Webサービスアプリケーションはこれから益々普及が進んでいくと思われ、将来重要な資格の一つになるかもしれません。

SJC-MA(Sun認定モバイルアプリケーションディベロッパ)

SJC-MA資格はモバイルアプリケーションの開発プログラマのための資格です。

元々JAVAはコンパクトなアプリケーションが特徴であったわけですから、 携帯電話などのモバイル製品には最適な言語であり、将来的に普及が進むことは間違いないでしょう。

SJC-EA(Sun認定エンタープライズアーキテクト)

SJC-EAはシステムアーキテクトとしての技術、知識を認定する資格です。

試験は3段階に分かれていて全て難関とされています。また試験での言語は全て英語であるため、 まだ日本での資格取得者は少なくその稀少さがこの資格の価値であるといえます。




以上、JAVA認定資格の概要をまとめてみました。費用などは変更される恐れがありので明記していません、 サン・マイクロシステムズ鰍フサイトで確認してください。

Sponsored Link


Copyright (C) Breath.All right reserved