フリーになって最初に直面する問題が税金、以外と多額になってしまいびっくりします、なので最低限の知識必要です

フリープログラマへの道

フリーランスにとって税金の知識は絶対に必要です。

Sponsored Link

税金について

独立してまず最初に直面するのが納税です。

なのでフリーランスになった場合、ある程度の税金についての知識、感覚が必要となります。

フリーランス(自営業者)になった時点で払うべき税金は、所得税、国民保険税、市民税、国民年金です。

会社員でいる場合、この4つに税金は給料から天引きという形で支払ってきましたので、ほとんど意識しなくても済んでいました。

フリーランスなった時点で、この4つの税金をすべて、翌年度の売り上げ報酬から支払うことになります。  くれぐれも、報酬が全て自分のお金になると思わないでください。

とにかく、知識だけは持っていたほう絶対にお得です。

そして、確定申告は所得税だけでなく、その他の税金にも大きく影響します。 申告の際には、経費をちゃんと算出し、できるだけの節税は行ないましょう。

物凄く大雑把に言ってしまうと、年間100万円ぐらいの納税があると考えてください。

また、所得によって段階的に変わるものもありますので、どのくらいの所得が、適切なのかという点も考えてみるべきでしょう。

そして、ある年度の所得は次年度に影響を及ぼすわけですから、右肩上がりの状態であれば、苦になりませんが 年々所得が減っていく場合や、突然仕事が減り、所得が減った場合などは、この税金を払うことはかなり厳しくなります。

なので、自分にとっての年間の目標所得を定め、それを超えた所得は貯蓄をするなどの、ある程度の決め事は必要でしょう

Sponsored Link


Copyright (C) Breath.All right reserved