まずは全ての基礎となる所得税、だからできるだけ節税を行ないたい。フリープログラマにとって経費はどんなものがあるか

フリープログラマへの道

Home > 税金について > 所得税・確定申告

フリーランスにとって確定申告に関する知識は必要不可欠です。

Sponsored Link

所得税・確定申告

申告の種類

まず、申告の種類ですが、青色申告と白色申告があります。  なにも手続きを行なわない場合、自動的に白色申告となります。

青色申告を行なう場合は最寄の税務署での申請が必要となります。  私の場合は一年目は白色申告で行い、申告の際、税務署に行った時、更新書に記入し2年目から青色申告となりました。

更新といっても指示されたとおりに一枚の更新書の記入するだけのことです

青色申告のメリット

別に売り上げはそんなにないし、帳簿も面倒なので白色もままでいいやっていう方もいるかもしれません。

でも、青色申告にはメリットがたくさんあり、そのメリットを生かすためにも、青色申告したほうがいいと思います


ここで、いくつかの青色申告のメリットを上げてみます。


  • 家族の給料を経費にすることができる    
    白色申告では、配偶者の場合86万まで、子供の場合は50万までしか、必要経費にすることができませんが、 青色申告では全額必要経費にすることができます。
  • 青色申告控除が受けられる    
    最高限度額65万円を所得から差し引けることができます、簡易簿記でも無条件に10万円控除されます。 (*65万円は正規の簿記の場合のみで、通常は10万円控除と考えてください)
  • 帳簿の更正ができる    
    税務調査が入ってその際、帳簿に不備があった場合、更正の処分を受けることがあります 更正とは、帳簿の誤りなどを修正して税額を正等なものに是正する処分です。 白色申告の場合、基本的に更正はできず、推定課税が行なわれることがあるのです。 要するに、間違えを間違えとして修正できるということです。
  • 原価償却の特例がある    
    青色申告では「原価償却」が認められています。原価償却とは時間の経過によって年々価値が減少していく部分を費用として計上していくことです。 プログラマでは、パソコンがこれに当たります。 しかし30万円以下(この金額平成15年度に改正されました)の場合は一括して経費として計上することができます。

とりあえず、ほんの一部ですが、青色申告の利点をあげてみました。  帳簿の義務が発生しますが、どう考えても青色申告を利用した方が有利であることが分かると思います。

経費

売り上げから経費、所得控除を差し引いた金額が所得となり所得に対して所得税が課せられます。  フリープログラマにとって経費というと、書籍購入代、出張費、パソコン購入費ぐらいなものです。

特に自宅で仕事をする場合、これといった経費は発生しないのです。  しかし、事務所兼自宅で、賃貸の場合、事業で使用する面積又は時間の割合によって経費として計上できるのです。  また、光熱費、通信費(電話代、インターネット接続料)なども事業で使用する割合で経費として計上できます。 実際、私も必要経費のなかで一番高額なのは、家賃です。

但し、マンションを購入した場合、経費となるのは、利息分のみ(こちらも事業で使用する割合)です、 ローン元金の返済は経費とはなりません。

(2005年12月現在 年度により法律の改正により変わることがあるので、申告の前にしっかり調べましょう)

確定申告の方法

確定申告の方法としては以下の3つの方法があります。

  • 直接税務署へ持ち込む    
    これが最も確実な方法です、もし不明な点や、確定申告書の作成に自信がないのであれば 経理士の方からのアドヴァイスを頂くことができ、明細書を作成していけば、申告書を自動的に作成してもらえます。 私も最初の2年はこの方法で提出しました。
  • 郵送する    
    自分で確定申告書を書くことができ、不明な点がなければ、郵送で済ませることができます。 私は現在この方法で提出していますが、税務署の混雑にも巻き込まれることもなく、今のところ なんの問題もおきていません。
  • e-Taxを利用する    
    いわゆる国税電子申告・納税システムです。 専用のソフトウエアを用いインターネットを介して申告などの処理ができるシステムです。 e-Taxを使用するには、事前に開始届出書を納税地を所轄する税務署長に提出し、認証を受ける必要があります。 私はまだ利用したことがないので、そのメリットなど細かいことはここに書くことができませんが 手書きで郵送よりは、簡単であり確実な方法だと思います。 なのでこれから、どんどん普及していくことでしょう。

Sponsored Link


Copyright (C) Breath.All right reserved