税金の総額いったいどのくらいの金額になるのでしょう。所得を仮定し実際に税額の算出をシミュレートしてみました

フリープログラマへの道

Home > 税金について > 税額シミュレーション

税額をシミュレーションしてみましょう。以外に多額になります。

Sponsored Link

税額シミュレーション



ここでは実際に税額の算出をシミュレーションしてみます。 ある年度の売り上げが600万だとします、そして、控除や必要経費などが200万で所得が400万だとしてみます。



  • 所得税
  •    

    4,000,000円×税率(20%)- 控除額(330,000円) = 470,000円(A)

  • 市民税
  •    

    4,000,000円×税率(8%)ー控除額(100,000円)+均等割(3000円) = 323,000円(B)

  • 国民健康保険税(40歳以下で加入者数一人と仮定します)
  •    

    (4,000,000円ー330,000円)×税率(9%)+均等割額(24,000円)+平等割額(16,000円)=370,300円(C)

  • 合計納税額
  •    

    A+B+C = 1,163,000円



ということになります。 ここではあくまでもシミュレーションなので 住まわれている地域での算出方法、税率を確認してください。

物凄く大雑把なシミュレーションですが、雰囲気は分かって頂けましたか、 この合計金額は勿論一度に払う金額ではありません、でも所得があった翌年度中には全て払うことになります。  なので、所得を予想し納税額を考えておくことは、大切なことです。

ある年にどっと稼いで翌年に仕事がなかった場合、100万円以上の借金ができてしまうのと同じことになってしまいます。  そんなことにならないためにも、税金分はちゃんと残しておきましょう。 毎年平均的に所得があるば、一番いいのですけどね、世の中そうもいかないのでご注意を。

Copyright (C) Breath.All right reserved